• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事内容

あるウェブサイトから別のウェブサイトやアプリに遷移する際にトップページ以外もコンテンツに直接リンクする『ディープリンク』が注目されている。

ディープリンクを使うと、例えば通販サイトの商品ページからアプリのトップページではなく事前にサイトで閲覧ししていたのと同じ商品画面に直接遷移する。

このようにウェブとアプリをシームレスにつなぐことで、アプリの利用促進が期待される。

サイバーエージェントグループでスマホ向けの販促支援などを手がけるシロク(本社・東京都渋谷区、飯塚勇太社長)でも6月23日からディープリンクのサービス『グロースリンク』の提供を始めた。

同サービスではURLごとにどの画面を表示するか簡単に設定することが可能で、ユーザーが事前にそのウェブサービスのアプリをインストールしていた場合、サイトで閲覧していたページと同じコンテンツを遷移先となるアプリでも表示する。

仮にユーザーがアプリをインストールしていなければ、通販サイトの商品ページ内に『アプリで購入』などの導線を設け、ユーザーが実際にアプリをインストールして起動すると、事前に通販サイトで見ていた商品紹介ページと同じコンテンツをアプリ内でも表示することができる。

もっとも、通販サイトの商品ページを閲覧しているユーザーがアプリを起動する際、商品ページと同じ画面をそのまま表示した方がいいのか、別の画面の方が良いのか判断は難しい。

そこでABテストによって定着率の高い画面を見つけることも可能。具体的にはウェブサイトの1つのURLに対してアプリ内の複数のページを指定し、自動的に均等分配する。

開封率やコンバージョン率を見て、効果がある遷移先を探る。これにより単に遷移させるだけでなく効果のあるページにリンクするように最適化していく。

また、アプリのインストール前にも、通販サイト内にポップアップでクーポン情報を出し、アプリのダウンロードを促す。

アプリを起動するとクーポンが手に入るといった仕掛けで、サイトでインセンティブを付与し、アプリのインストールにつなげるという施策を打つことができる。

この他にも同社が提供しているプッシ通知配信、アプリ内通知などほかの他のツールと組み合わせることができる。

『グロースリンク』の価格は月額10万円から。

飯塚社長は『「グロースリンク」は今までのEC事業者が力を入れてきたウェブサイトと、今後力を入れなくてはならないアプリをうまくつなぐ架け橋のようなツール』と説明。

同サービスはアプリの効果を最大化し、顧客のリピート利用に繋がるとしている。

 

 

 

”通販新聞”とは
わが国唯一の通販市場の週刊専門紙です。通信販売業界の健全発展推進を編集ポリシーとし、物品からサービス商品全般にわたる通販実施企業の最新動向をもとに、各社のマーチャンダイジング、媒体戦略、フルフィルメント動向などを詳しくお伝え致します。また、通販実施企業と深い関わりを持つ商品納入業者、メーリング、コンピュータ、テレマーケティング、物流などの各業界の動向、さらには行政・関連団体の動向と通販業界の抱える問題点・課題についても逐次お伝えします。        引用-通販新聞