• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

偏りがちなユーザー獲得方法について、まだまだ採用されていない獲得施策をまとめてみました。目的やサービスの内容に応じた使い分けをする事で、無料でもユーザーは集められるんです!

 

目次

1. ロングテイル検索を狙ったFAQの効果的利用
2. 初期カスタマーだけには特に奉仕活動を!
3. ダブルループ紹介施策
4. コメントマーケティング
5. アップシェア
6. ありがとうカード
7. インフルエンサーの効果的活用
 

1.ロングテイル検索を狙ったFAQの効果的利用

まずはロングテイル検索を狙ったSEO対策。企業によってはサービスやプロダクトに関してFAQ をサイト上に設けている事でしょう。FAQは潜在顧客の不満であったりモヤモヤを解消してくれるため、その後の購買率であったり申し込み率が高くなる傾向にあるのです。さらにその決定率を上げる方法として、Googleのキーワードプランナーを使って多く検索されているキーワードを質問の答えとして検索結果の最初に持ってくるようにすると良いでしょう。またポイントとして、FAQの中に必ずサービス申し込みや製品購入のアクションへ繋がる導線を明確に作っておきましょう!

 

FAQ

 

 

2.初期カスタマーだけには特に奉仕活動を!

初期カスタマーは一般的に他のユーザーに比べてそのサービスや製品のファンになりやすい傾向にあります。このファンにどれだけ自然な形で口コミを広げてもらえるか、ネット上で良いイメージを広めてもらえるかが重要なポイントになります。そのために初期ユーザー向けの特別な施策を行うのも非常に有効になってくるでしょう。また初期ユーザーの方々が望んでいる事に迅速に対応し、好印象を持ってもらえる努力をすることで、彼らの支持度が高まるだけでなく、他のユーザーの満足度の向上も見込めるのです。多くの企業がこの部分をおろそかにしているからこそ、しっかり行えば効果も大きいと言えます。
最近はアプリゲームなどでも事前登録ユーザーにだけ特別なプレゼントを提供するという施策を行う事も多くなりましたね。これも初期ユーザーへの奉仕活動と言えるでしょう!
 
20140701203518
http://ultama.bngames.net/

 

 

3. ダブルループ紹介施策

ダブルループ紹介施策とは友人に紹介する事によって、紹介した人もされた人も両方がメリットを得られる施策の事です。この施策の良い点は「誰にも紹介されないで登録するのはもったいない!」という感情がうまれる事。それにより、紹介者は躊躇せずに紹介する事が出来るようになります。
これの代表的な例はDropBoxです。DropBoxでは友達にサービスの紹介をする事で、紹介した人された人両方にストレージ容量を500MBプレゼントされます。他にも意外に教習所などで使われているケースなどがありますね。
 
スクリーンショット 2014-07-01 11.34.57 AM
https://www.dropbox.com/referrals

 

 

4. コメントマーケティング

インバウンド戦略に非常に重要となってくるのがコメントマーケティング。賢く使い、コメントによってさらに価値を与える事ができれば、ユーザーとの関係性を築く事ができ、ページ内リンク数を増やす事が出来るのです。
また他サイトで文章にさらに付け加えるコメントを残したり、別ユーザーのコメントに返答してあげる事で、全くの新規ユーザーの興味をあなたに向ける事が出来るのです。

 

スクリーンショット 2014-07-01 12.13.57 PM
http://moz.com/blog/

 

 

5. アップシェア

アプリ内で最もソーシャルにシェアされる確率が高いのが「達成」に関する部分です。例えば、ユーザーがあるレベルに到達した時であったり、珍しい物を手に入れられた時にはシェアされる確率が非常に上がります。
これに関して非常にうまくやっているのがFoursquareです。Foursquareでは同じ場所に何度も行く事で、何通りかの称号が与えられ、ソーシャルにそれを拡散する事でバッジをもらえる権利が与えられる様になっているのです。「せっかくだからバッジが欲しい」というユーザーの欲望をうまく使った良い例だと言えます。
 
スクリーンショット 2014-07-01 4.31.20 PM
https://ja.foursquare.com/

 

 

6. ありがとうカード

今後非常に効果が増してきそうなのが、リアルとの掛け合わせ。オンライン上だけで全てが簡潔できてしまうようになってきているからこそ、人の暖かみの伝わる物に触れる事に価値が出てくるのでは無いでしょうか。こちらはアメリカで時々使われる戦略で、「ありがとう」の言葉と簡単なメッセージを添えたカードを送るというもの。これはそこまで手の込んだ物である必要はありません。それよりもオンライン上の動きが一方通行では無い事を確認させてあげる事で、あなたの製品やサービスへのエンゲージメントが高まるのです。場合によってはSNS上で拡散してもらえるかもしれません。
 
スクリーンショット 2014-07-01 8.31.49 PM

 

 

7. インフルエンサーの効果的活用

ソーシャルの発達で拡散を広範囲にしてくれるインフルエンサーたちは非常に重要なマーケティング手法となりつつあります。その効果は非常にインパクトが大きく、信頼度も非常に高い物となります。最近の例だと、堀江さんにNewsPicks上でPickされて突如としてPV数を伸ばし、翌日にはGunosyなどに投稿されバズった下記ブログなども良い例でしょう。バズらせるときに重要となってくるのが「共感」です。
 
スクリーンショット 2014-07-01 12.55.31 PM
http://techbabies.net/blog/newspicks-curation-blog/
 

 

まとめ

出来るだけお金を掛けずにユーザーを獲得する事がグロースハックの肝である一方で、面倒くさいからとお金を無駄にたくさん使ってプロモーションを行っている企業様もまだまだ多く見受けられます。しかし、状況に応じて最適な方法を選ぶ事が最大の効果を生むのは言うまでもありません。上記を含め、多様なマーケティング施策を駆使していきたいですね!